赤ちゃんの服を安全に洗濯するポイントを大公開

レディと乳児

6歳未満には絶対必要

赤ん坊

車での移動が必須ならば、子供が産まれる前に余裕をもってチャイルドシートを購入しておきましょう。自宅の車に合ったものを選び、適切に使用することが大切です。品質が良く使いやすいものを選びましょう。価格は様々ですが、おおよその予算として3万円くらいを目安にすると良いでしょう。

Read More..

安全なものをこまめに

ウォーター

赤ちゃんの体からは多くの汗が出るので、その分赤ちゃんにはこまめに水分補給をする必要があります。体重と月齢とを考えて、適した量を適したタイミングで与えるのです。水道水の場合は一度沸騰させなければなりませんが、市販されている硬度30以下のミネラルウォーターなら、そのまま与えることができます。

Read More..

肌トラブルを防ぎます

帽子と玩具

無添加の洗剤

赤ちゃんの洋服を洗う時は、赤ちゃん専用洗剤を使うママも多いです。合成界面活性剤や蛍光増白剤が入っていない無添加の洗濯洗剤は安心して利用できます。赤ちゃん用と大人用をずっと分けて洗う必要もありませんが、新生児期は特に肌トラブルが起こりやすい時期でもあるので、赤ちゃん用の洗濯洗剤を使うことをお勧めします。また、新しく購入したベビー用の洋服も水で洗濯することで、赤ちゃんの肌になじみやすくなり、ふんわりとした洋服になります。いつまで分けるなどの決まりはありませんが、柔軟剤の香りがあまりに強くないもので刺激の少ない洗濯洗剤を選ぶことで、家族みんなの衣料を安心して選択することができるので、購入する銘柄をしっかりと吟味しましょう。

予備洗いで汚れも落ちます

赤ちゃんの洋服は、ミルク戻しや排泄物など汚れることが多々あります。汚れてしまった場合は、そのまま洗濯機に入れるのではなく、予備洗いをすることが大切です。酵素系洗剤を使うと、一晩つけておくだけでこすらなくても汚れやシミが落ちますし、少しの手間で洋服の寿命を長持ちさせることができます。予備洗いをしたら他の洗濯ものと一緒に洗うことで、完全に汚れを取り除くことができますので、汚れたらすぐ落とすようにしましょう。赤ちゃん用の洗剤は石鹸由来の成分でできているものが多く、洗濯槽に汚れがたまることがあります。洗濯槽のクリーニングも重要ですので、忙しい育児の時期ではありますが、洗濯槽クリーニングも月に1度は行うことが大切です。

便利に利用できるグッズ

靴と玩具

バンボは、昨今、人気を集めているベビー用品です。これは、簡単に言うと、赤ちゃん用の椅子の事です。座らせておけば、大人しく遊ばせる事ができます。なので、家事や着替えなどでちょっと目を離した時でも、安心です。

Read More..